• ホーム
  • 医院風景
  • スタッフ紹介
  • 診療案内
  • アクセス
  • 予防接種
  • 健康診断
  • 居宅介護支援事業
  • 当院からのお知らせへ

院長なんでも相談室

2014年4月15日 火曜日

どう考えます?マスコミの姿勢

おはようございます案浦です。
ある県の高校で新入生の担任となった女性教諭が受け持ちクラスの入学式を欠席し、同じ日にあった自分の息子の入学式に出席したというニュースがありました。このことについて賛否両論がありました。私の職業でいいますと、自分の子どもが病気になった場合にクリニックの診療を休んで、悪く言えば外来の患者さんをほっぽらかして自分の子どもの看病を優先するといういうことと、ある意味同じような気がします。しかし、少なくとも医師である私たち夫婦は、これまで子どもが熱を出そうが、嘔吐下痢になろうが外来の患者さんの治療を最優先にしてきました。教師と医師の違いはあるでしょうし、社会的により必要とされるのはどちらかという問題もあるでしょう。自分の息子の入学式や卒業式よりも受け持ち生徒のそれらを当然のように優先している教師の方もたくさんいることでしょう。私たち医師夫婦も普通の親、自分の子どもを優先した教師もまた普通の親、自分の子どもの行事より担任の子どもたちを優先する教師も普通の親です。それぞれの考え方もありますし、その時の詳細な状況もわからない中で賛否両論の声をテレビで流すことにどれだけの意味があるのでしょうか?私はマスコミは無責任過ぎるのではないかと感じました。また、立派な大人が悩んだ末に出した結論なのですからマスコミがとやかくいう筋合いのものではないと思います。みなさん如何でしょうか?

投稿者 あんのうらクリニック

メールでのお問い合わせ 診療予約はこちらから