• ホーム
  • 医院風景
  • スタッフ紹介
  • 診療案内
  • アクセス
  • 予防接種
  • 健康診断
  • 居宅介護支援事業
  • 当院からのお知らせへ

院長ブログ

2014年7月20日 日曜日

おはようございます案浦です。
たとえば、高い使命感と倫理観を求められる医師や弁護士がいったん不祥事を起こせば世間からものすごいバッシングを受けます。しかし、芸能人などゆるーい倫理観の中で生きている人はたとえば薬物の犯罪で捕まったとしても数年たてば「みそぎ」はおわったといわんばかりに復帰してきます。まあ芸能人は仕方がないとしましょう。しかし、今回ベネッセの名簿を購入し転売している名簿業者においては、個人情報を売り買いするのですから、そこには高い倫理観が必要なはずです。たとえば情報が反社会的勢力の手にわたり情報がもれた子どもの誘拐とかが起こったとしたら、彼らはどう責任をとるのでしょうか?法律的には無罪でも社会的動議的責任は非常に大きなものがあります。今回のことを契機に国は名簿の転売に関して今以上の厳しい規制をもうけるべきであると思います。そして、違反した場合には違反した個人はもちろんのこと会社に対しても数ヶ月の営業禁止などの厳しい措置をとるべきではないでしょうか。国は早急な法整備をしていただきたいと思います。

投稿者 あんのうらクリニック

メールでのお問い合わせ