• ホーム
  • 医院風景
  • スタッフ紹介
  • 診療案内
  • アクセス
  • 予防接種
  • 健康診断
  • 居宅介護支援事業
  • 当院からのお知らせへ

院長ブログ

2015年7月31日 金曜日

いじめはヤクザの登竜門

岩手の中学生がいじめを苦に列車に飛び込んで自殺した事件では、4人の同級生が暴行罪や侮辱罪で告訴されている。県警は一日も早くこの4人を逮捕して欲しい。また、彼らの親も監督義務違反でなんらかの処罰が下されるべきではないだろうか。中学でいじめをするような奴らが今後更正する可能性など0に近い。元ヤンキーで暴力で人をいじめていたやつが今は社長などという話を耳にするが、非常に稀なケースであるからこそマスコミにとりあげられるのであって、中学時代にいじめをした奴らの99%以上はまともな人間になることはできないのである。まともな大人になる可能性が0に近いということはヤクザや犯罪者になる確率が非常に高いということである。現時点でいじめをしているやつらに告ぐ、おまえらが将来まともな人間になりたければ、いますぐいじめをやめなさい。しかし、将来ヤクザや犯罪者になりたければいじめを続けなさい。そしていじめという犯罪により逮捕され司法で裁かれ社会から制裁を受け、一生犯罪者として生き続けなさい。まともな人間になりたいと考えているやつらよ、おまえらの親が、おまえらを正しい方向に導くことができないダメ親なのであるわけだから親を当てにするな。なぜならおまえらの親がまともな人間であったなら、おまえらはいじめをやらなかったはずなのだ。だからダメ親には見切りをつけておまえらは自分の努力で更正の道を切り開きなさい。更正の第一歩はいじめを即刻やめることである。

投稿者 あんのうらクリニック

メールでのお問い合わせ