• ホーム
  • 医院風景
  • スタッフ紹介
  • 診療案内
  • アクセス
  • 予防接種
  • 健康診断
  • 居宅介護支援事業
  • 当院からのお知らせへ

院長なんでも相談室

2015年9月10日 木曜日

Sアミーユ

心配していたことが現実となりました。Sアミーユという施設で短期間に3人の入居者の方が不審な転落死をされました。老人ホームを全国展開しているアミーユグループです。私も一時福岡にある系列の老人ホームに入居されている患者さんの訪問診療をしておりました。その頃から危惧しておりましたが、とうとう、とんでもない事態になってしまいました。その施設に対する私の率直な印象を述べたいと思います。おそらくアミーユ本部の基本方針なのでしょうが、入居者さんの都合よりも、施設の利益や施設のスタッフの都合を最優先する方針であったようです。たとえば、自力で排泄できない方の場合には、その方が排泄したいときにスタッフを呼んで介助をしてもらうのではなく、スタッフの業務効率のいいように、排泄の時間帯を一方的に決め強制的に排泄を促したり、逆に失禁しているにもかかわらず、あらかじめ決めた排泄時間がくるまで放置をしていたりなどということが行われていたようなのです。また、その施設のケアマネージャーには施設の利益が最大限になるように、ケア計画をつくるよう指示が出ていたようで、褥瘡があって訪問看護による処置が必要であると私が進言しても、めいっぱい自社のサービスをケア計画に盛り込んでいるため、訪問看護を行うことができませんでした。この施設のように全国にチェーン展開する介護系の施設の介護の質の低さは以前から心配しておりましたが、とうとう今回のような悲しい事態となってしまいました。このような施設をろくに監査もせず放置した行政の責任は非常に重いと思います。しかし、なによりも悪いのは利益至上主義を介護の業界に持ち込み介護を食いものにする運営会社であると思います。国はアミーユの全国の施設を一斉に抜き打ち監査をするべきであると思います。第二のSアミーユのような悲劇を起こさないためにも、速やかに監査を実施するべきです。そして監査の結果がきちんと出るまでは新規の入居者の募集を停止させるべきであると考えます。かつてコムスンという業者がさまざまな不正を行ったた結果廃業に追い込まれました。もしかするとアミーユとコムスンには深い繋がりがあるるのではないかと疑いたくなるような今回の事態です。施設を選ぶのは利用者さん本人とそのご家族の選択です。
今後、これを教訓として、施設の選択を慎重にしていただきたいと思います。行政はこの、多いに問題のあるSアミーユ並びに全国のアミーユグループの施設に一斉に監査に入るべきであると思います。このような利己的な施設が存在することは非常に悲しいことです。このような施設が二度と現れないよう、今回のような悲劇が二度と起こらないよう、国は相当の覚悟をもって詳細な調査を行って欲しいと思います。

投稿者 あんのうらクリニック

メールでのお問い合わせ 診療予約はこちらから