• ホーム
  • 医院風景
  • スタッフ紹介
  • 診療案内
  • アクセス
  • 予防接種
  • 健康診断
  • 居宅介護支援事業
  • 当院からのお知らせへ
ホーム > 循環器科

循環器科

循環器科って何

循環器科とは、主に心臓や血管に関する病気の専門科 循環器科

ドキドキするなどの動悸、胸の痛み、気が遠くなるなどの症状がある場合は、循環器科の受診をおすすめします。

また、背中の痛み、左手がしびれる、息切れ、むくみ、息苦しい、頭痛、顔のほてりなども、狭心症や心筋梗塞を引き起こす原因となることがありますので、病院で医師の診断を受け、適切な予防、治療をすることが大切です。

不整脈ってどんな病気なのですか?

不整脈とは、正常ならば一定である心拍数(1分間に60~90回)のリズムが乱れた状態のことをいいます。
また、心電図に異常がある場合も不整脈です。

症状としては、どきどきする、脈がとぶなどの動悸、くらくらする、脈が異常に遅い、または速いなどがあります。
意識がなくなり失神する場合もあります。

狭心症ってどういう病気ですか?

狭心症

左側の胸が締め付けられるような痛み、針を刺されてえぐられたような痛みが起こります。

心臓の筋肉に酸素を送る冠状動脈が、高脂血症、高血圧、動脈硬化などにより異常を起こす病気で、薬物療法や手術を行うこともあります。

心不全の原因はタバコって本当ですか?

タバコと心不全

「原因」というより、誘因するきっかけにはなります。
心不全とは、簡単にいうと心臓の弁に異常をきたし、心臓がうまく機能しなくなる病気です。

心臓は血液を循環させていますので、たとえば大動脈に狭いところがあると、血液が流れにくく、そこに圧力がかかるため血管に負担がかかります。
動脈が狭くなる原因は、高脂血症や高血圧、動脈硬化などがありますが、その動脈硬化をタバコが促進すると言われています。

とくに下の血圧が高い(100以上)場合は、注意が必要です。

メールでのお問い合わせ 診療予約はこちらから