• ホーム
  • 医院風景
  • スタッフ紹介
  • 診療案内
  • アクセス
  • 予防接種
  • 健康診断
  • 居宅介護支援事業
  • 当院からのお知らせへ

院長ブログ

2017年3月19日 日曜日

関心は日々の生活です

今の国民の関心事は、森友学園の件でしょうか?国民の大半は日々の生活の向上や、現在の教育問題や、犯罪や災害に対する国の政策などではないでしょうか?しかるに、揃いも揃って野党の能無し議員たちは、安倍総理大臣や稲田防衛大臣の足を引っ張ることに躍起になっています。そもそも、森友問題と、国民生活の向上、国民の安全のどちらが大切なのでしょうか?森友問題の追求が私たちの生活の向上や身体的安全や経済的安心に直結するとは到底考えられません。つまり、野党は、人の揚げ足をとったり、人のミスを追求することでしか与党に対抗できないのではないでしょうか。こんな無能集団に今後日本の舵取りができるわけがありませんよね。だから、彼らは万年野党なのでしょう。かつて民主党が政権をとったときも惨憺たる結果だったことを国民は決して忘れていませんよ。もういい加減森友問題を国会で取り上げることはやめて、本当に安倍総理大臣や稲田防衛大臣が法律違反をしていると確信しているのならば、野党が安倍総理大臣たちを相手に民事訴訟でも起こして、司法に判断してもらえばいいのではないでしょうか?そもそも国会で取り上げるべき内容ではないと、私は考えます。

投稿者 あんのうらクリニック | 記事URL

2017年2月21日 火曜日

コンビニなどでの画像公開

コンビニなどで行われている、万引き犯罪が強く疑われる人物の画像の公開が問題となっている。これは法律的には問題があるのだろうが、心情的には、店側の人たちの気持ちは理解できる。もし、仮に万引き犯をそのまま放置していれば、万引きから恐喝や強盗などへ発展する可能性もあるわけである。もしかすると、その犯罪に善良な一般客が巻き込まれるかもしれない。そのようなリスクを考えれば、画像公開は当然実施されるべきリスク管理の一つではないだろうか。安心して働ける環境づくりや安心して買い物ができる環境づくりも店側の責任でなされるべきものであるから、画像公開は当然ではないだろうか。コンビニはその使命を誠実に果たしただけなのでは…

投稿者 あんのうらクリニック | 記事URL

2017年2月 8日 水曜日

日本三大老害ふりまき著名人

「日本三大老害ふりまき著名人。」
一人目は巨人の渡辺恒雄である。彼は巨人が卑怯な手段で選手を獲得した際の首謀者である。また、巨人とヤクザとの黒い関係のもみ消し裏工作も彼の仕業である。なんともご立派な記者魂の持ち主である。二人目は東京都議会議員の内田茂だ。彼は都議会のドンと呼ばれ都民ファーストではなく自分ファーストを実践し、私服を肥やした著名人である。三人目は石原慎太郎だ。彼は築地市場移転問題で、多大な損害を与えるようなとてつもない額の土壌汚染対策費用を、本来負担するべき東京ガスではなく東京都民に押し付けようとしていたのである。彼ら三人を「日本三大老害ふりまき著名人」に認定する。この三人に共通する点は「他人に非常に厳しく、自分にものすごく甘い」という点である。つまり、彼らは人のためという建前を巧みに利用し、自分だけが得をしようとする、たいへんセコイ人たちなのである。こんな人たちが日本を支える重要人物として話題になるとは、なんとも情けない話である。

投稿者 あんのうらクリニック | 記事URL

2017年1月30日 月曜日

ババをひいた米国民

トランプさんの人種差別政策が次々と繰り出されている。日本であれば彼は絶対に当選しなかったであろう。可哀想にアメリカ人は最低最悪のカードをひいたようである。日本にもヘイトスピーチを盛んに行っている人種差別団体がいる。トランプさんの言動や行動は日本でヘイトスピーチを展開している低俗で下品な彼らとなんら変わりないのである。しかし、アメリカ国民がほんとに不憫でならない。一日も早く彼をリコールに追い込んで、彼とは対極にいる人物、つまり実力と高貴な人格を兼ね備えた人物を大統領に選らんで欲しいと思う。

投稿者 あんのうらクリニック | 記事URL

2017年1月 6日 金曜日

仕事と町と社会

仕事や町や社会はなんのために存在するのでしょうか?
ある一人の東北大震災経験者の男性は、こう言っていました。
「仕事は人と人をつなぐためにあり、助け、支え合うために町や社会が生まれる」まさに彼の言うとおりだと思います。仕事をただ単なる金儲けの手段としか考えないような人、たとえば人を騙して得をしようとする輩などには到底理解出来ない考え方でしょうね。彼らは金銭的な得は手に入れるかもしれませんが、人を騙したことで人間としての徳を捨てたのです。人を騙さないまでも、常に自分の損得でしか動かない人なども、こういう輩と同類だと思います。「損得抜き」で仕事に取り組む姿勢こそが、人と人をつなぐことができる唯一無二の方法であり、町や社会をつくる上でもっとも大切なことなのではないでしょうか。

投稿者 あんのうらクリニック | 記事URL

メールでのお問い合わせ