• ホーム
  • 医院風景
  • スタッフ紹介
  • 診療案内
  • アクセス
  • 予防接種
  • 健康診断
  • 居宅介護支援事業
  • 当院からのお知らせへ

院長ブログ

2016年2月22日 月曜日

いよいよ開設です。

二年越しのみんなの思いが、ついに形となりました。案浦クリニック附属のグルーブホーム
「ぱせり」がとうとうオープンします。開設の申請、住民説明会、建築業者の選定、金融機関との交渉など、リーダーとしてがんばってくれた、北口専務理事、グルーブホームの実務の準備に勢力的に取り組んでくれた宮津理事、建築業者の選定、金融機関との交渉の際、北口専務の手足となって動いてくれた二本木室長、彼ら三人が中心となってオープンにこぎ着けることができました。幸いスタッフも有能な人材を確保でき、オープン直後からフルスロットルでスタートダッシュができそうです。いま、介護の業界では、入居者に対する虐待が大きな社会問題となっています。もちろん、虐待を実際に行った本人自身に全責任があることは明白です、しかし、最近報道された虐待事例を分析すると、施設側の人材教育や人格教育の不足、介護の精神修得のための教育の不足、儲け主義による人件費の必要以上の削減、人件費削減に伴う慢性的な人手不足など施設側が労働環境の整備を怠ったことも虐待発生の大きな誘因であると感じます。私たち医療法人あんのうらクリニックグループはこれらの虐待事案を反面教師とし、利用者さまの利益を唯一で最大の目的とするサービス提供とそれを実現するための社員の労働環境整備を心がけたいと考えております。
社員一同、地域に貢献できる施設として、また、地域のみなさまに愛される施設づくりをして行く決意でございます。みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿者 あんのうらクリニック | 記事URL

2016年2月 7日 日曜日

真の男「石坂浩二」さん

「なんでも鑑定団」という番組でコメントをことごとくカットされていた石坂浩二さん。カットされ続けて10年間勤め上げた根性はまさに「真の男」です。そのことに関してインタビューを受けても泣き言など一つも言わず、言い訳もせず、他人を批判することもなく。「陰湿ないじめ」に耐え抜いた素晴らしい姿でした。同じ男でも、こうも違うものですね。どこかのプロデューサーとは。「人間の品格の圧倒的な格差」「男らしさの圧倒的な格差」を石坂さんに身を持って教えていただきました。いじめに苦しんでいるこどもたちに対して彼が贈ってくれたメッセージのような気もしました。石坂浩二さんにはこれからも頑張っていただきたいと思います。

投稿者 あんのうらクリニック | 記事URL

メールでのお問い合わせ