• ホーム
  • 医院風景
  • スタッフ紹介
  • 診療案内
  • アクセス
  • 予防接種
  • 健康診断
  • 居宅介護支援事業
  • 当院からのお知らせへ

院長ブログ

2015年9月20日 日曜日

安保法案反対の若者たちへ

君たち選挙に行きなさい。選挙に行かずに反対してもだーれも共感しないよ。偉そうに言う前に、まず選挙に行きましょう。20代の投票率は何%かわかっていますか?

投稿者 あんのうらクリニック | 記事URL

2015年9月14日 月曜日

頼もしい若者たちへ

安保法案について九州の大学生たちが議論をしているという番組をみた。インタビューの受け答えをみてみると実にしっかりとした考え方をもっているなあと感心しながら見ていた。日本が今後、近隣にある国際ルールを無視するような秩序後進国、道徳観念不足国などに不法な侵略をされないためにも現在の自衛隊のままではいけないと考えている若者も数多くいたことがわかった。賛成派にも反対派にも共通していたことがあった。それは安倍政権による議論の進め方に問題があるという点であった。しかし、私は議論の進め方は適切であると思う。野党のいちゃもんとしか思えない、不毛な質問に対してもきちんと対応しているし、質問に対して説明を拒否するということなどはしていない。野党が採決時に退席するような国会軽視の態度とは対照的である。進め方が不適切と若者たちの目に映る理由は、野党の非建設的な質問のためではなかろうか。野党の質問は、ほとんどが仮定の上での質問であり、具体的ではない。憲法の内容の勉強不足で質問内容が稚拙である。このような無駄とも思える質問が多いため、肝心な部分の質問がなかなかなされず、議論が無為に思えるのではないだろうか。政府はすでに100時間以上をこの議論に割いており、議論は十分尽くされたと私は感じる。衿を正すべきは野党である。質問をする前に憲法をしっかり勉強したり、くだらない質問で議会を混乱させないよう、あらかじめ党内で質問のクオリティを精査するようなことをするべきではないだろうか。野党はもっとしっかりして欲しいものである。議論が不毛に見える責任の大半は野党の真摯でないこのような姿勢にあるのではないだろうか。安保法案を議論する若者たちには、もっと深く野党の質問内容を研究して欲しい。そして君たちのチャレンジがより意義のあるものになることを願っている。このような若者であれば将来の日本を任せられるのではないだろうか。奇しくも選挙権が18歳に引き下げられる、この時代の転換期にこのような素晴らしい若者たちが出現したことは非常に喜ばしいことである。

投稿者 あんのうらクリニック | 記事URL

2015年9月10日 木曜日

Sアミーユ

心配していたことが現実となりました。Sアミーユという施設で短期間に3人の入居者の方が不審な転落死をされました。老人ホームを全国展開しているアミーユグループです。私も一時福岡にある系列の老人ホームに入居されている患者さんの訪問診療をしておりました。その頃から危惧しておりましたが、とうとう、とんでもない事態になってしまいました。その施設に対する私の率直な印象を述べたいと思います。おそらくアミーユ本部の基本方針なのでしょうが、入居者さんの都合よりも、施設の利益や施設のスタッフの都合を最優先する方針であったようです。たとえば、自力で排泄できない方の場合には、その方が排泄したいときにスタッフを呼んで介助をしてもらうのではなく、スタッフの業務効率のいいように、排泄の時間帯を一方的に決め強制的に排泄を促したり、逆に失禁しているにもかかわらず、あらかじめ決めた排泄時間がくるまで放置をしていたりなどということが行われていたようなのです。また、その施設のケアマネージャーには施設の利益が最大限になるように、ケア計画をつくるよう指示が出ていたようで、褥瘡があって訪問看護による処置が必要であると私が進言しても、めいっぱい自社のサービスをケア計画に盛り込んでいるため、訪問看護を行うことができませんでした。この施設のように全国にチェーン展開する介護系の施設の介護の質の低さは以前から心配しておりましたが、とうとう今回のような悲しい事態となってしまいました。このような施設をろくに監査もせず放置した行政の責任は非常に重いと思います。しかし、なによりも悪いのは利益至上主義を介護の業界に持ち込み介護を食いものにする運営会社であると思います。国はアミーユの全国の施設を一斉に抜き打ち監査をするべきであると思います。第二のSアミーユのような悲劇を起こさないためにも、速やかに監査を実施するべきです。そして監査の結果がきちんと出るまでは新規の入居者の募集を停止させるべきであると考えます。かつてコムスンという業者がさまざまな不正を行ったた結果廃業に追い込まれました。もしかするとアミーユとコムスンには深い繋がりがあるるのではないかと疑いたくなるような今回の事態です。施設を選ぶのは利用者さん本人とそのご家族の選択です。
今後、これを教訓として、施設の選択を慎重にしていただきたいと思います。行政はこの、多いに問題のあるSアミーユ並びに全国のアミーユグループの施設に一斉に監査に入るべきであると思います。このような利己的な施設が存在することは非常に悲しいことです。このような施設が二度と現れないよう、今回のような悲劇が二度と起こらないよう、国は相当の覚悟をもって詳細な調査を行って欲しいと思います。

投稿者 あんのうらクリニック | 記事URL

メールでのお問い合わせ