• ホーム
  • 医院風景
  • スタッフ紹介
  • 診療案内
  • アクセス
  • 予防接種
  • 健康診断
  • 居宅介護支援事業
  • 当院からのお知らせへ

院長ブログ

2016年7月29日 金曜日

障害者差別禁止法

2014年1月日本は「障害者の権利に関する条約」を批准した。この条約では障害者に対するあらゆる差別を禁止すると明記されている。つまり、すべての日本国民は障害者を差別してはならないという法律なのである。国はまず、事業者に障害を理由に採用を拒否したり、障害を理由に配置転換したりしてはならないと厳しく指導をした。その結果、事業者が障害者を差別することはなくなった。しかし、個人では差別発言を繰り返している人が多数存在するのである。私の身近で言えば、グループホーム建設に反対していた一部の住民である。いまでも忘れもしない次のような発言である。「認知症高齢者と目か合うと気持ちがわるい」「外から認知症高齢者が見えると気味が悪いのでブラインドを下ろしておいてほしい」「グループホームは嫌悪施設に分類される」などであった。最近では、相模原の身障者施設で19人の方々が亡くなられた殺人事件があった。その犯人はやはり以前から障害者を差別する発言を繰り返していたのである。彼は「障害者が生き続けることは税金の無駄遣いであるから、親と話し合って安楽死させた方がいい」などと言っていた。もし、障害者差別禁止法に強力な強制力があって、彼が差別発言をした時点で逮捕できていれば、今回のような悲惨な事にはならなかったのではないだろうか。国はこの法律を強制力のあるものに改正し、差別発言をした時点で逮捕できるようにするべきではないだろうか。障害者の人権を軽んじる人たちに自分たちの人権を主張する資格はないと私は思う。

投稿者 あんのうらクリニック | 記事URL

2016年7月22日 金曜日

児童養護施設から大学へ

親からの虐待や育児放棄、経済的理由などの事情で、家庭で暮らせない子どもたちの多くが暮らしているのが児童養護施設です。その児童養護施設から大学に進学した志高い若者がいます。彼は児童養護施設で暮らす学生で学業、人格ともに優れた人に支給される奨学金によって進学できたのです。彼が大学進学を決めた理由は次のようなものでした。「自分はこれまで、児童養護施設に入った後、沢山の人に支えられ助けられながらここまで成長することができた。だから今度はそんな心底優しい人たちに恩返しをしたいんです。僕の大学進学が児童養護施設で暮らす後輩たちの目標になってくれたらいいなあと思いました。
また、親はいなくとも、ちゃんと高い志をもって大学に進学できるということを世間に示すことで、少しでも施設で暮らす後輩たちへの偏見やいじめをなくそうとも考えました。これが、僕をこれまで支え、育ててくださった方々への恩返しの仕方です。」彼は入学後、生活費捻出のためのバイトと勉学の両立に挑戦中です。児童養護施設の子どもたちの未来のために頑張って欲しいと思います。私も彼らのためにできることを探して支援していこうと考えています。
こんな素晴らしい若者は国の財産です、国民全員でサポートして、児童養護施設から彼のような若者がたくさん輩出される日が訪れることを願います。

投稿者 あんのうらクリニック | 記事URL

2016年7月12日 火曜日

新たな出会いと再会

毎年この時期になると、遠く離れた北陸の古都金沢の地で新しい出会いと懐かしい再会がある。それは、私の出身校でもあり、息子の在籍校でもある金沢医科大学の友人たちとの交流である。毎年、大学行事出席の後に、息子の友人たちと食事会をしている。今年は30歳以上年の離れた男女15人と焼肉を食べに行った。みんな仲が良く天真爛漫でいい子たちばかりである。息子はいい友だちに恵まれて本当に幸せな奴である。これからもずっと続けていきたい夏の楽しいイベントである。

投稿者 あんのうらクリニック | 記事URL

2016年7月12日 火曜日

毎年の恒例行事

今年も夏の一大行事が終わりました。毎年私の母校で、息子も第三学年に在籍する金沢医科大学の同窓会総会と後援会総会が昨日と一昨日の二日間でありました。毎年感じることですが、総会で大学の現状報告を聞く度に、年々発展している母校の姿を驚きと喜びの感情でみています。私が受験した35年前には倍率は4倍程度でしたが、いまは実に受験者数4000人超で倍率は実に30倍を超えています。また、医師国家試験合格率も95%を超える高い合格率を達成しており、医学部として円熟期を迎えた感があります。
今後母校に挑戦して欲しいことは、世界的な医学的研究です。夢 は大きく、ノーベル賞級で世界の医学界に貢献できるような研究成果を達成して欲しいと思います。私もOBとして微力ながら母校の更なる発展のために尽力していきたいと思います。
毎年、この行事がその年の後半戦を乗り越えるエネルギーを私に与えてくれています。

投稿者 あんのうらクリニック | 記事URL

2016年7月 6日 水曜日

ISとオウム

まず、バングラデシュでテロ集団ISに命を奪われた7人の日本人の方に哀悼の意をお示しいたします。優秀な大学生をISに引き入れ洗脳しテロを起こさせたのである。この事件を聞いたとき、私はすぐに日本で起こったオウム事件を思い出した。オウムは純粋で優秀なエリート学生や医者などの高学歴の若者をオウムに引き入れ洗脳して、各地でテロを起こさせたのである。特に弁護士の一家を拉致し幼い子どもの命までも奪った事件はオウムの残忍さを象徴する事件であった。世界中が震撼した10人以上の死者を出した地下鉄サリン事件もオウムが起こしたテロであった。オウムもISも宗教をテロに利用しているのである。このような自己中心的で、排他的で残忍で野蛮で暴力的な集団が一日も早く、この地球上からなくなることを願う。
宗教を人殺しの道具として利用することは絶対に間違いである。宗教は人助けや世の中の平和のために使われるべきもので、その教えは常に「利他的」であるべきである。自分たちの欲望を満たすため(利己的)に使われるべきものでは断じてないのである。「人殺しを教え」とするような宗教は宗教ではなく狂気でしかない。ISもオウムも宗教集団ではなく、テロを最大の目的とする「殺人集団」である。オウムの残党は名称を変え日本で今もなお活動しており、過激思想は受け継がれている可能性が高いことを頭に入れておく必要があると思う。

投稿者 あんのうらクリニック | 記事URL

メールでのお問い合わせ