• ホーム
  • 医院風景
  • スタッフ紹介
  • 診療案内
  • アクセス
  • 予防接種
  • 健康診断
  • 居宅介護支援事業
  • 当院からのお知らせへ

院長ブログ

2013年12月25日 水曜日

価値観

こんばんは案浦です。
価値観は人それぞれです。
僕が最も価値観に違いがあると感じるものは、仕事に対するそれです。仕事に対して強い責任感と高い使命感を持ち社会に貢献する目的で働いている人。仕事を単なる自分だけの生活の糧を稼ぐものとしか考えていない人。会社のお金を使い込んだり、人を騙したり、法令違反をおかしたりして自分の利益を得ようとする人。いろいろです。
10年ほど前に当院には最も最低な価値観をもった社員がおりました。彼はあんのうらクリニックのお金を1500万ほど使い込んで懲戒免職にした男です。体が大きく見た目は貫禄があるように見えるのですが、残念ながら中身が伴っていませんでした。数日前に偶然知人から聞いた彼に関しての話から、相変わらず人を騙すような仕事しかしていないことを知りました。やはり一度身についた最低な価値観は変わることはないのですね。かわいそうな男です。

投稿者 あんのうらクリニック | 記事URL

2013年12月20日 金曜日

こども健康手帳

こんにちは案浦です。
あんのうらクリニックでの新しい試みとして主に未就学児を対象とした、こども健康手帳を作成いたしました。
目的(親側)
1お子さんの健康状態の把握
2病気に対する親がするべき対応についての知識習得
3手帳を通じての医師とのコミュニケーションの円滑化
目的(医療側)
a患児の病状の正確な把握
b熱型による病気の診断
c手帳を通じての親とのコミュニケーションの円滑化
この手帳がみなさまのお役にたつことを切に願います。
見本を外来に置いております。みなさん是非一度お手にとってご覧くださいませ。

投稿者 あんのうらクリニック | 記事URL

2013年12月17日 火曜日

偉業

おはようございます案浦です。
浦和高校のラグビー部が全国大会出場を果たしました。宇宙飛行士の若田光一氏の母校であり、天皇陛下の心臓の手術を担当した順天堂大学医学部教授の天野篤氏も浦和高校の出身です。また公立高校として最も多くの東大合格者を輩出している高校でもあります。明治28年に開設された超名門校です。この高校が、埼玉県立深谷高校を破り見事栄冠を勝ち取りました。まさに偉業です。部員のほとんどが東大をはじめ難関国立大学を目標にしているそうです。毎日3時間の練習のあと学校に残り夜遅くまで勉強しているそうです。高校の三年間毎日毎日練習のあとの猛勉強、さぞ辛いだろうと思います。彼らの継続力は素晴らしいの一言に尽きますが、その気持ちの強さの裏側にあるものを見逃してはいけません。互いの支え合い、励まし合いがあったからこそ続けることができるのだと思います。
僕が卒業した修猷館高校も浦和と同じく進学校であります。僕はラグビー部でありました。高校1年のときには福岡工業を破って全国大会に出ました。当時前評判は八幡高校と福岡工業と言われ、修猷館は三番手であったように記憶しています。しかし劣勢を跳ね返して全国大会出場を勝ち取ったのです。どんな強豪高校でも同じ高校生であることに変わりはないのです。だから修猷館にも必ずできます。我が母校は来年おそらくここ数年で最も強いと言われています。次は修猷館の出番です。浦和高校をよい手本として40年ぶりの偉業を達成して欲しいと思います。

投稿者 あんのうらクリニック | 記事URL

2013年12月13日 金曜日

世論はどうか

こんにちは案浦です。東京都議会ではあいも変わらず猪瀬知事の追求をしているようです。
果たして世論はどうでしょうか。僕は世間は彼に対してそれほど批判的ではないような気がします。批判的なのは一部の共産党系の市民団体ぐらいでしょう。都民に迷惑をかけたわけでもなんでもないし、自分が落選することの恐怖感と生活の不安から借りたということで、私利私欲で借りたものではないので許してあげていいのではないでしょうか。そんなことよりも今やるべきことはたくさんあるはずです。オリンピック誘致成功という素晴らしい功績から今回の借金問題を引き算したとしたら、ぼくはプラスになる、つまりオリンピック誘致成功の功績の方がはるかに上回っていると思います。だからもういいではないですか。都議会のみなさん。他の重要案件を全力で実現してください。

投稿者 あんのうらクリニック | 記事URL

2013年12月12日 木曜日

人の上に立つ

おはようございます案浦です。「人の上に立つ第二弾」です。都議会でいま.すごいバッシングを受けている猪瀬直樹東京都知事は人の上に立つ資格があるか。いろいろ異論もあるでしょうが、僕は彼は人の上に立つべく生まれてきた人だと思います。前回のブログで次のように述べました。「他人の悩みを自分のものとし、悩める人とともに善後策を考えることができる人でないと人の上に立つことはできない」と、猪瀬さんは多くの日本国民の願いであるオリンピック誘致成功に代表されるように東京都民だけでなく多くの日本人の悩みを背負って日夜その打開策を考えている人です。しかも都民自らの選択で彼を選んだのです。彼の説明にはおかしい部分も多々ありますし、ずいふん脇が甘かったなと思いますが、賢明な彼のことですから自分が一番わかっていると思いますので、この件での彼への追求はもうやめましょう。実際にその場面を見た人はいないわけですから彼の言葉を信じることにしませんか。こんなことよりも都民、国民のためにやるべきことはたくさんあるわけですから。

投稿者 あんのうらクリニック | 記事URL

メールでのお問い合わせ