• ホーム
  • 医院風景
  • スタッフ紹介
  • 診療案内
  • アクセス
  • 予防接種
  • 健康診断
  • 居宅介護支援事業
  • 当院からのお知らせへ

スタッフブログ

2018年11月24日 土曜日

福岡市動植物園に行って来ました

皆様こんばんは。

本日もたくさんの方がインフルエンザの予防接種に来られました。
ご予約がいっぱいの日は、大変心苦しいのですが職員の人数に限りがあることもあり、お問い合わせを頂いてもお断りせざるを得ない日もでてきている状況です。大変申し訳ありません。

平日の夕方と土曜日は毎年ご希望が多く、ご予約もすぐにいっぱいになってしまいますので、平日の夕方や土曜日をご希望の方はお早目のご予約をお願い致します。
土曜日の午後も、インフルエンザの予防接種のみではありますが、15時~17時まで実施しておりますので、どうぞご利用下さい。

さて、昨日は勤労感謝の日で案浦クリニックの外来もお休みでした。
そこで以前から行ってみたかった福岡市動植物園に行って、おベンキョウをして来ましたshine

動物園側の入口は工事も終わり、すっかり綺麗になっています。
連休初日ということもあって、たくさんの方で賑わっていました(^^)

ハリーポッターの映画に出てくるシロフクロウや、爬虫類舎のフィリピンホカケトカゲ(舌を噛みそうsweat01)を見て回ります。
なかなかアップでカメラ目線は難しいですね^^;


お昼過ぎだったので、ヒョウもまったりお昼寝モードですsleepy


園内をのんびり散策しながら、植物園へ向かいます。
サザンカが咲く季節になりました。
ツバキはまだまだ硬い蕾を閉じたままです。


温室の方へ行こうと歩いていると、「野草園」という魅力的な看板が目に入りました。
通り過ぎるわけには行きません。
迷わず向かいます(^^)/

秋はキク科の花をよく見かけます。
下の写真の白い花は「ノジギク」、黄色い花は「イソギク」。
綿の材料になる「ワタ」もありました。
ふわふわの綿毛の中に種が入っているそうです。
他の季節に花が咲く植物も色々ありましたので、また別の時期に遊びに来るのが楽しみになりました(^^)


ツワブキを見て、今年も1年が終わるなぁ、としみじみ......。


隣りにはモデル庭園の展示もありました。
いくつかの造園会社が提案する庭園の展示です。
紅葉が見事に色付いていました。
あずまやを中心に庭園が周りを囲んでいましたので、ゆっくりお茶を飲みながら見て回るのも良さそうです。


そして、この日のメインイベント!
温室コーナーへやって来ましたshine
ワクワクしますね~(^^)
中南米やアフリカ、東南アジア原産の熱帯植物がたくさん展示してあります♪


何と、ポインセチアの「木」が植えてありました。
何メートルくらいあるのでしょうか、見上げると温室の屋根に届く勢いです。
この頃クリスマス前でよく見かけるようになった鉢植えのものとはずいぶん様子が違いますねsmile


一番見たかった、東南アジア原産の洋蘭コーナーです。
デンドロビウムの原産地であるタイやラオス、ミャンマーなどの東南アジアというと、何となく温度も湿度も高い熱帯雨林のイメージでしたが、標高1,000メートル以上の高い所ともなると冬はたいへん寒く、乾季は長い間雨が降らないこともあるようです。
こちらの温室の中も、湿度でムッとすることもなく、温度も意外と低かったような感じでした。
温室時計を見つけられなかったのが残念でしたdespair

ちなみに、上の写真にあるように、多くの蘭の根っこが鉢からあふれ出していましたsweat01
それでも元気いっぱい、ちゃんと花も咲かせています。
下の写真では、もはや鉢にも入っていません^^;
根っこで木の幹にしがみついています。
コンクリートの柱にもしっかりくっついています。
考えてみればそれが自然界での当たり前の姿で、「植物は鉢の中に押し込めなければならない」と考えるのは単なる人間様のご都合ですね。


温室を堪能した後は、園内をゆっくり散歩しながら家路につきます。
真夏に三郡縦走をした若杉山・三郡山・宝満山が遠くに見えています。


紅葉の綺麗な場所がありましたので階段を下りてみました。
今年の紅葉もこれで見納めです。


最後はバラ園を通って植物園を後にしました。
植物園の友の会に入って年間無料パスポートを発行してもらおうと心に決めた一日でした(^^)/


受付 江島

投稿者 あんのうらクリニック | 記事URL

2018年11月22日 木曜日

第5回 地域医療連携の会に参加させて頂きました。

皆様こんにちは。
理学療法士の末永です。

先日当院ケアマネジャーと事務と私の3名で、油山病院主催の「第5回 地域医療連携の会」に参加させて頂きました。

「認知症患者の世界を理解しよう~私達のメッセージは届いているのか?」というテーマで、聖マリア病院の看護師長でありユマニチュードインストラクターでもある杉本智波先生のお話を聴くことができました。

「ユマニチュード」とはフランスで生まれた認知症ケアの方法の一つで、「見る」「話す」「触れる」「立つ」の4つの柱を実践することで、認知症の患者さんの不安を和らげて、人間らしいケアを提供していきましょうという考え方です。

実践練習を織り交ぜながら、認知症の方にはどのような事が起こり、どのような世界観があるのかを教えて頂きました。
写真は、"水平に目を合わせて"、"正面から"、"顔を近づけて"、見つめる...の練習をしているところです。


今回のご講演で、認知症の患者さんに医療・介護の主旨が届いているのだろうか、そして、治療者・看護者・介護者の本来のメッセージを適切に患者さんに届けるためにはどうしたら良いかを学ばせて頂きました。
認知症の方に対して知覚・感情・言語に基づいた包括的ケア技法として「快の感情」を伝える技術、「ケアするとは何か」「人とは何か」を常に問い続けること、患者さんが持つ力を信じることの大切さも学ばせて頂きました。

今後もこのような会がありましたら、また参加させて頂きたいと思います。

理学療法士 末永

投稿者 あんのうらクリニック | 記事URL

2018年11月17日 土曜日

ハイビスカスの植え替えを行いました

皆様こんにちは(^^)

朝晩だいぶ寒くなってきましたね。
我が家でもこたつを引っ張り出してきました。
風邪を引かないよう、うがい手洗いをしっかり行いましょう。

さて、今回も、あんくり花壇の冬準備です。
夏の猛暑に耐えていたハイビスカスが、秋を越えてまた少し背が伸びました。
1年で終わらせてしまうのも可哀想なので、室内で冬を越せるように、鉢に植え替えることにしました。


植え替えと一緒に切り戻しも行います。
切るのも可哀想ですが、思い切ってハサミを入れます(>_<)!


結構ばっさりと切りましたwobblysweat01hairsalon
これで冬を越してくれると良いのですが・・・。


えんどう豆も可愛い芽が出てきました(^^)shine
寒さ対策で、ボランティアの方がワラを敷いて下さいました。


ハイビスカスを植えていた場所には、プリムラジュリアンが新しく仲間入りです。

冬の花壇に彩りを添えてくれます(^^)

受付 江島

投稿者 あんのうらクリニック | 記事URL

2018年11月 7日 水曜日

クレジットカードご利用頂けます

皆様こんにちは。

今日は立冬、暦の上ではもう冬ですね。
案浦クリニックでもインフルエンザの予防接種の方が多く来院されるようになりました。

当院ではお会計の際にクレジットカードもご利用頂けます。
ご希望の方は受付までどうぞお申し付け下さい。


さて、あんくり花壇では野菜達が成長してきました。
ネームプレートが見えないくらい葉大根が茂ってきたので間引きをします。


隣同士を一緒に引っこ抜かないように慎重に・・・


収穫第一号です(^^)shine


チンゲンサイの赤ちゃんも間引いて収穫しました。
小さくても茎はちゃんとチンゲンサイの形をしています(^^)


間引いた後は、倒れないように土を寄せて終了shine


間引いたチンゲンサイはお昼ごはんのお味噌汁の具になりました^^


お正月を前に葉ボタンも仲間入りして、ますますにぎやかになったあんくり花壇をどうぞよろしくお願い致します(^^)/


受付 江島

投稿者 あんのうらクリニック | 記事URL

2018年11月 1日 木曜日

あんくり花壇の"豆まき"をしました

皆様こんにちは。
11月になりました。
今年もあと2ヵ月、早いですね。

今日は花壇の豆まきをしました(^^)
豆まきと言っても、2月に鬼に向かって投げるアレではなく、えんどう豆の種まきです。


まずはスコップで土を耕して......


3cm程の深さの穴を掘って種をまきます。


土を被せて水をあげて終了です(^^)/


芽が出るのが楽しみですshine

受付 江島

投稿者 あんのうらクリニック | 記事URL

メールでのお問い合わせ