• ホーム
  • 医院風景
  • スタッフ紹介
  • 診療案内
  • アクセス
  • 予防接種
  • 健康診断
  • 居宅介護支援事業
  • 当院からのお知らせへ

院長なんでも相談室

2013年9月 3日 火曜日

左腕投手はなぜサウスポー?

こんばんは案浦です。
左で投げる投手をサウスポーと呼びますよね。southpawと英語表記します。この言葉を最初に使った人はシカゴニュースのピーターダーンあるいはヘラルド新聞のチャールズシーモアと言われています。pawは人間の手と訳し、southは南という意味です。直訳すると「南の手」となるはずです。ではなぜ南の手が左の手になったのでしょうか。それは球場の向きに秘密がありました。野球規則には「本塁から投手板を経て二塁に向かう線は東北東に向かっていることを理想とする」というものがあります。つまり球場はマウンドを中心としてセンターが東
、本塁は西、一塁が南、三塁が北となります。ピッチャーがマウンドに立つと左手は一塁方向になるため左利きのピッチャーは南側の手で投げることからサウスポーと呼ばれるようになったのです。深いですね^_^

投稿者 あんのうらクリニック

メールでのお問い合わせ 診療予約はこちらから