• ホーム
  • 医院風景
  • スタッフ紹介
  • 診療案内
  • アクセス
  • 予防接種
  • 健康診断
  • 居宅介護支援事業
  • 当院からのお知らせへ

院長なんでも相談室

2014年7月 8日 火曜日

地域のみんなで

こんばんは案浦です。
高齢化社会になり、認知症患者さんの徘徊などが問題となっています。認知症は年をとれば誰しもかかる可能性のある病気です。認知症になる前は彼らも普通の高齢者だったのです。しかし彼らが認知症になった途端に、彼らのことを偏見の目で見るようになったり、仲がよかったのに急によそよそしくなったりする人がかなりの数いることも確かです。彼らを偏見の目で見たり、世間から排除しようとする行為は差別の一種です、人種差別や男女差別やいじめなどと同レベルの非常に低次元の自己中心的な行為です。
自分の親が認知症になったら、家から追い出しますか?自分の妻が認知症になったら世話もせずほっときますか?自分の親や妻が認知症になったばっかりに、周囲からいろいろな差別や嫌がらせを受けたとしたら、あなたはどう思いますか?将来あなたの家族も認知症専門の施設にお世話になることもあり得るのです。ですから、認知症患者さんを偏見の目で見ることはやめてください。彼らも一人の人格をもった人間なのですから。
そして、地域のみんなで認知症の方たちを支えていくべきなのではないでしょうか。

投稿者 あんのうらクリニック

メールでのお問い合わせ 診療予約はこちらから