• ホーム
  • 医院風景
  • スタッフ紹介
  • 診療案内
  • アクセス
  • 予防接種
  • 健康診断
  • 居宅介護支援事業
  • 当院からのお知らせへ

院長なんでも相談室

2014年10月28日 火曜日

妊娠中のインフルエンザ

こんばんは案浦です。
妊娠中にインフルエンザに罹患した集団の方が妊娠していなくてインフルエンザに罹患した集団よりも、より重症化しやすく死亡率も高いという調査結果があります。さらに妊婦は非妊婦よりもインフルエンザに感染しやすいということもわかっています。ですから妊娠中のインフルエンザワクチンの接種は是非するべきであると考えます。国の研究機関によると妊娠初期を含むすべての妊娠週数の妊婦においてインフルエンザワクチンの接種が推奨されております。妊婦に接種することで重大な副作用や胎児への影響は認められておらず、安全性も確かめられております。

投稿者 あんのうらクリニック

メールでのお問い合わせ 診療予約はこちらから